製品テストは会社の信用がかかる大切なもの

金属の種類

ビルの夜景

引張試験で性能を高める

日本の製造業技術は世界に比べても高いのです。そういった技術力の高さは、これまでにおこなわれてきた、製造部品の試験の多さが証明しているのです。製造業はすぐに技術力があがるわけではないのです。多くの企業が日々、切磋琢磨して多くの部品試験をおこなう事により、品質のよい製品が作られるようになってきたのです。そういった部品試験の中でも、重要な試験が引張試験です。引張試験とは金属製の部品を固定して、片方を引っ張る強さの事です。金属部品の使用環境として、破断しない事も要求されますが、引っ張られた時に耐える強さも重要なのです。金属の中でもとくに引張試験によって、多く試験されているのがワイヤーなのです。ワイヤーは引っ張られる事が多いためです。

金属の種類によって求められる性能が違う

もしもワイヤーが引っ張られた事により、切れてしまったら多くの工事現場や製造現場で、大事故になってしまうのです。そのため強いワイヤーを作るために日々、技術を開発しているのです。また建設現場で使用するクレーンなども引っ張り強さが重要です。クレーンは重たいものを長い金属部品で持ち上げるため、金属が引っ張られるのです。特にクレーンは重量のあるものを吊るための機械なので、引張試験を何度も繰り返し性能が確かなのか調べる事が重要なのです。金属には引張試験の他にも、圧縮試験など色々な試験が存在しているのです。ですから金属には引っ張り強さだけでなく、色々な性能が求められており、金属の種類によっては特徴が大きくちがっているのです。